MENU

グリーンスムージーでファスティング成功!

 

皆さんは、グリーンスムージーって知ってますか?

 

グリーンスムージーは生の野菜と果物に水を入れてミキサーやブレンダ―を使ってジュースにしたものを言います。家にある材料と水さえあれば手軽に作れて健康にも良いからという事でテレビや雑誌などのメディアで紹介され大変注目される様になり、現在も根強い人気があります。

 

一日の食事の中で必要な量の野菜を食べるというのは、結構大変な事です。ですが、グリーンスムージーにする事で野菜を確実に摂取する事が出来るし、簡単で美味しいからと言って、朝食の代わりにグリーンスムージーを飲んでいる人もたくさんいます。私はそんなグリーンスムージーを、これまた今流行りのファスティングに使ってみました。

 

ファスティングとは、断食の事です。

 

人間は栄養過多に陥っており、1食位でも食事を抜いて胃腸を空にする事で体調を整える事が出来るという考え方であり、最近ではこれがダイエットにとても早い効果を発揮すると言われて注目されています。
通常は何日か固形物の食事を摂らずに全ての食事をグリーンスムージーに置き換えるそうなんですが、さすがに一家の主婦をしているとこれは難しい!と思い、私は1食置き換え式でグリーンスムージーでのファスティングをスタートしました。グリーンスムージーは、基本朝食と置き換えて摂取しています。

 

グリーンスムージーは、小松菜・りんご・バナナ、そして水で作ります。

 

色々試していますが、私はこの三種類が入っていれば飲みやすいグリーンスムージーが出来ると感じています。他にも、野菜は青梗菜やホウレンソウ、レタスなども生のまま使いやすい食材です。果物は、色々ありますがりんご・バナナを入れていれば大抵まずいものは出来ません。これを朝食と置き換えて摂取し続けています。

 

 

飲み続けていて一番感じるのは、お通じがとても良くなったという事です。

 

お通じが良くなるという事は、ファスティングの目的として一番大きな効果を果たしているという事になります。そして、お通じが良くなった事により肌の調子が良くなりました。化粧ノリが良くなったので、毎日気分が良いですね。そして、時々は数日間掛けてファスティングをするのにグリーンスムージーを作って飲んでいます。

 

グリーンスムージーも甘いばかりでは飽きてしまうので、少し塩コショウを足したソルティスムージーも作って飲みます。2〜3日掛けて一切固形物は摂らずグリーンスムージーだけで過ごしますが、空腹感はあまり感じません。2〜3日の断食期を終えたら、また同じ期間を掛けて復食していきます。重湯やおかゆで胃を少しずつ目覚めさせてから、通常の食事に戻していくのです。

 

グリーンスムージーのお陰で、ダイエット時のイライラを感じる事無くスムーズに約10キログラムのダイエットに成功しました。皆さんも是非、グリーンスムージーを愛飲してみませんか?

 

グリーンスムージーのランキングサイトはこちら

野菜嫌いでも美肌になれました

小さいころから野菜が嫌いでぽっちゃり体型。いつもそんな自分がいやだなと思っていました。野菜を少ししか食べないせいか、便秘になることも多く、肌の状態もよくないことのほうが多かったです。いろいろなダイエットを試したり、運動をするように心がけたりしましたが、いつも三日坊主で長続きしませんでした。

 

何度も同じことの繰り返しで、ダイエットも成功しないし、ちっともきれいになれません。そんな自分が嫌いになるばかりでした。

 

そんなときに、新しい洗濯機を買おうと思い、家電量販店に行くと、新製品のミキサーでスムージーを作って配っていたのです。濃い緑色のどろっとした液体だったので、少量とはいえ飲むのをためらったのですが、断るのも悪いと思って口にしてみました。味は思ったよりずっと飲みやすく、むしろおいしいと感じました。レシピを聞いてみたら、キャベツ、リンゴ、小松菜、セロリ、パイナップルということでした。

 

私はセロリは嫌いなので食べられないと思っていたのですが、くせのあるにおいがアクセントになっており、とてもおいしくてびっくりしてしまいました。これなら、野菜があまり好きでなくても食生活を改善できるかもしれないと思いました。その日、洗濯機と一緒にミキサーを購入して帰りました。

 

それから、毎朝スムージーを飲んでから仕事に行くようになりました。朝は食べないことが多かったのですが、毎日必ずスムージーは欠かさないようにがんばりました。スムージーが三日坊主にならないように、野菜や果物の買い置きをきちんとしておき、休日に冷凍できるものは小分けにして冷凍しておくなど、いろいろと工夫しました。

 

やはり、毎日続けるには習慣づけてしまうことが大切だと思ったので、朝どうすれば面倒に感じずにスムージーを作れるかを考えました。夜のうちにレシピを決めておいて、野菜を切っておくようにしたり、冷凍されているものは冷蔵庫に移しておくなど、細かい努力をしたと思います。そうしているうちに、レシピも増え、いろいろな種類のスムージーを作れるようになりました。

 

体調も、前とは比べ物にならないくらいよくなりました。まず、便秘をすることがなくなり、肌がきれいになってきて、健康的な顔色になれたと思います。そして、便通がスムーズになったせいか、1ヶ月で2キロくらいやせました。結果的にやせたこともうれしいですが、それよりもスムージーを作って飲むことで、生活にメリハリができて、気持ちが明るくなれたことが一番良かったと思います。

 

食品安全委員会 - 食の安全、を科学する

 
更新履歴